ルーズソックス

俺は昇。
28歳で工場で働いている。
見かけは普通の会社員だが、一つだけ人には言えない性癖がある。
それはルーズソックスの女子高生を強引に犯し、ルーズソックスを欲望の最終的なはけ口にするという事である。
そう。
おま〇こをたっぷりと犯してやって、そのまま中に注ぎ込むのも悪くはないのだが、麗しい脚を包む白いルーズソックスを精〇で汚したいのだ。
秋のある日、たばこを切らせた俺は、近所のたばこ屋に買いに行った。

そのまま帰ってもよかったのだが、近くの公園をぶらついてみる事にした。
ここは、山一つが公園になっていて、高校生の通学路になっているところだ。
当然、女子高生たちもたくさんみかけるし、おかずには事欠かない。
しばらくぶらついていると、寒さのせいか、用足ししたくなり、近くのトイレにかけこんだ。
そして用を足し出ようとすると…….個室からかすかな喘ぎ声が聞こえてきたのである。
「あ、あんっ」
俺は、個室に押し入ってやろうかとも考えたが、まずは顔を拝んでからだと思い、そのトイレが見えるベンチに座り出てくるのを待つ事にした。
10分ほどたっただろうか。
一人の女子高生が出てきた。
俺は思わず目を疑った。
頬を赤らめながら出てきたその女子高生は、モ〇娘の石〇梨〇を彷彿させる、清純そのものの、女子高生だった。
俺は、股間が熱くなり、心臓がバクバクするのがわかった。
「よし、こいつで決まりだ……!」
俺は、その女子高生の行く手を見定め、後をつけた。
後ろ姿を見ていると、制服のスカートに覆われた、肉感あふれるヒップがなんとも言えない。
生唾をのむくらい上品なボディラインだ。
俺は、バックで犯してやると心に決めた。
しばらく歩いただろうか。
公園の中でも、比較的人気のない並木道にさしかかった。
向こうはまだ俺に気付いていない。
チャンスは今しかない。
俺は、足を速めかつ悟られないように彼女に近付いた。
そして腕をつかみ植え込みに引きずり込み押さえ込んだ。
「きゃぁぁぁ!い、いやぁ……」
カバンが草の上に落ち、中身が散乱した。
「さわぐな!痛い目みたいのか?」
そう言って彼女の口にかばんから飛び出たハンカチを押し込み、生徒手帳を手にとった。
[〇〇市立参香高校 三年F組 山中綾美]
そう書いてあった。
「なんだよ。参高といやぁ、すぐそこの学校じゃねえか。なあ、綾美。おまえも昼間っから好きモノだよなあ。トイレでオ〇ニーしてよお」
「うぐっ。ううっ、うっ」
全てを知られた綾美は、するどい目で、しかし涙を浮かべながら、必死に抵抗を続ける。
「ムダだよ。学校にも、親にもバラされたくないだろうが!おとなしくするんだな!なあ、綾美」
そういうと、俺は、スカートの中に手を入れた。
そしてパンティを一気に剥ぎ取った。
「おおっ。白のシルクか。いやらしいの履いてるじゃねえか。パンティがビショビショになってるぜ?ああ?」
剥ぎ取ったパンティは、綾美の秘部を覆い隠す部分がいやらしいジュースでグッショリ濡れていた。
「こんなになるくらいオ〇ニーしてたのかよ。相当な好きモノだな。あぁ?おま〇こもグチョグチョなまんまだろうか」
そういうと、俺は抵抗して、かたく閉じられた麗しき太股をつつーっと撫でた。
「ううっ。うっ」
ビクンと綾美は身体をくねらせ、微かな抵抗を見せた。
俺は強引に犯すとは言っても、完全な強姦は嫌いだ。
俺は綾美の上にのしかかったまま、綾美の耳元で最後の選択をささやいた。
「なあ、綾美。ズタズタに強姦されて、ボロボロになるのと、抵抗せずにオ〇ニーしながら考えてた、綾美のしたいこと、マジにして気持ちよくなるのとどっちがいいよ?」
そう言った瞬間、綾美の顔が真っ赤に染まった。
そして、かたく閉ざされた足が、フッと緩んだのだ。
「わかってるじゃねえか。綾美がその気なら、痛くはしないぜ。どうする?」
「うぐっ」
綾美はコクリとうなづいた。
「騒ぐなよ。騒いだら首絞めるからな」
そういって俺は、口に押し込んでいたハンカチを取ってやった。
「はぁはぁ……なんであたしがそんな事してたの知ってるの」
「俺がトイレに行った時、オ〇ニーの真っ最中だったじゃねぇか。知らないとは言わないよな」
綾美は耳まで真っ赤に染め、否定することはなかった。
ただ、抵抗心あふれるするどい目つきは無くなり、物欲しげな潤んだ瞳になっていた。
「こいつは落とせる」
そう確信した俺は、後をつけながら思い描いていた、溢れんばかりの妄想を綾美にぶつける事を始めた。
「どんな事考えながらオ〇ニーしてたんだ?」
ストレートな質問だが、こういう方が効果がある。
「そ、そんな事、い、言えません」
そう、言わなくていい。
口に出してしまえば、そこで終わりだ。
しかし、しゃべらないとなると、心の中で反すうされ、身体に素直な反応が出てくるのだ。
案の定である。
綾美の太股は真っ赤に色付き、秘部に手をのばすと、まるで失禁でもしたかのように、とめどなく潤んでいた。
「綾美。なんだ?このグチョグチョのおま〇こは。オ〇ニーでイッて、まだ欲しいのか?」
「あっ。あんっ。そ、そんな」
甘美な声をだしながら、自分を正当化しようとしても無意味だ。
「あぁ?おま〇こ触られただけで、なんだ?そのいやらしい声は?嫌がっても身体は素直なんだな」
俺はそう言うと、綾美の潤んだ秘めたる部分に指をズブブッと挿入していった。
「あぁっ。あん。だ、だめっ」
「上の口は嫌がってても、おま〇こはそうは言ってないぜ。綾美」
挿入した指で、内壁をこすりあげるように掻き回す。
「あっ、あっ、い、いや……。やめて、だ、だめっも、漏れちゃうっ」
そう言った瞬間、綾美の身体が小刻みに震え、俺の手に熱いものがかかった。
綾美は、快感の極限でお漏らししてしまったのだ。
「おい。イクならまだしも、お漏らしかよ。好きモノだなぁ。スカートビショビショじゃねえか」
綾美は不覚にももらしてしまった屈辱感と、快感で放心している。
俺は、これは簡単に済ませるのはもったいないと思った。
「極限まで犯してやる」そう思ったのだ。
「綾美。おま〇ここんなにいやらしくしてよお、何が欲しいんだ?このグチャグチャおま〇こによお」
そう言うと、俺はジャージのズボンをひざまで下げ、いきり立ったものを、綾美の目の前にちらつかせた。
「あっ……」綾美は一瞬目をそむけた。
しかし、明らかに物欲しげな目だった。
「綾美。昼間っから、オ〇ニーしながら、考えてたことはわかるんだよ!素直になるんだな」
そう言うと俺は、綾美の唇をこじ開けるように、いきり立つモノを押し込んで行った。
「うぐっ。ううぅ」
「歯立てるなよ。綾美が俺を気持ちよくさせたら、あんなオ〇ニーなんか比べものにならないほど、おま〇こ犯してやるよ。ほんとはぶちこんで欲しいんだろ?」
綾美には、この言葉が一線を越え、自分の欲求に素直になる、キーワードになったようだ。
「あんんっ。い、いっぱいしゃぶらせて…….」
ついに禁断の言葉を綾美は口にした。
「おお。好きなだけしゃぶらせてやるよ。ぶちこまれて気持ちいいくらいに大きくしてみな」
綾美の舌がモノを包み込むようにからみつく。
裏スジから、カリの部分をなめあげてきた。
「こ、こいつ、ツボを知ってやがる」
俺は、下半身から快感の波が脳を直撃するのがわかった。
「あ、綾美、き、気持ちよすぎるぞ」
クチュッ、ジュボッジュボッ、ペロペロ、ジュボッジュボッジュボジュボ。
綾美はもう何かに取り付かれたかのように、むしゃぶりついてくる。
「あぁ~。うっ、い、いいぞ。あっ、あぁ~」
このままではイッてしまう。
俺は気を反らそうとすべく、綾美の秘部に手をのばした。
が、しかし、そこにはすでに綾美の手が先にあったのだ。
俺の手の侵入を察した綾美は、俺の手を握り、自ら秘めたる部分に誘ったのである。
「おま〇こかきまわして」
衝撃の言葉を綾美が発した。
綾美はもう、快楽の奴隷と化している。
言葉などいらない。
俺は再び芳醇に濡れそぼった綾美に指を侵入させていった。
「ああん。き、気持ちいい」
「おい!ちゃんとしゃぶるんだよ」
「ううっ。うんっ」
綾美が俺のモノをしゃぶる卑猥な音と、綾美の秘部をかきまわす音がリンクしあい、なんともいやらしいサラウンドだ。
俺のモノを卑猥にくわえ、指に内壁が絡み付いてくる。
俺は快感にひたっていた。
こんな清純な女子高生が、俺だけのものになっている。
なんということだろうか。
最近は妄想ばかりで、通学中の女子高生の後ろ姿を目に焼き付け、一人オ〇ニーにふけっていた俺だ。
しかし今は。
「あああ、も、もうだめだ」
が、しかし。
「あっ、ああん。だめっ。イ、イクッ」
綾美が極限に達したのだ。
身体が波打ち、指をしめつける。
綾美は意識がもうろうとしているのだろうか。
目線が定まっていない。
「綾美。いれてほしいのか?ちゃんとお願いしてみろ」
放心状態の綾美が微かな声でつぶやいた。
「入れて……」
「はぁ?聞こえねぇな」
「おち〇ち〇、入れてください」
綾美は完全に暴走しつつあった。
「よし!素直になったな。いやらしいおま〇こに好きなだけ入れてやるよ。四つん這いになるんだ」
ついにこの時が来た。
女子高生のおま〇こを犯しまくる、この時が。
綾美はすでに四つん這いになっていた。
そっとスカートをめくる。
目の前に、ほのかにピンク色に染まった桃尻があらわになった。
「ゴクッ……」
生唾をのみ、割れ目の奥に顔をうずめた。
秘めたる部分から溢れる潤わしいジュースの甘酸っぱい香り、そしてつぼみのようにかたく閉じたアヌスのかぐわしい香り。
融合され、下半身を直撃する淫靡な香りだ。
「さあ、いやらしくお願いしてみろ」
俺は自分の感情を極限まで高めるべく、綾美に再度、卑猥な懇願を要求した。
「綾美のいやらしいおま〇こに、太くて硬いおち〇ち〇ぶちこんで」
こ、これだ……。
俺は、その言葉を聞き終わる瞬間、一気に貫いた。
「ああっ!あんっ」
綾美のヒップに、渾身のストロークをぶつけていく。
パンッパンッパンパンパンパン。
い、いい。
綾美の肉壁が、モノを包みこみ、締め付けてくる。
俺はさらに動きを速める。
「あっ、ああん。い、いい。お、おま〇こ気持ちいいよお……。ああっ」
「おお。お、俺もだ」
「ああん、あっあっ。だ、だめっ。も、もうだめっ!イ、イッちゃうっ!イク、イクッ!あ、あぁっ」
次の瞬間、綾美の太股を淫靡なジュースが滴り落ち、赤くそまった桃尻を小刻みに痙攣させ、綾美は快感の絶頂を迎えた。
俺もそろそろカウントダウン寸前だ。
濡れそぼった内壁をこすり上げるように、腰をぶつけた。
「あっ。も、もうだめだ……。イクーっ!」
綾美の秘部から、モノを抜き取った瞬間、綾美の秘部から、輝く透明のしずくが飛び散った。
それと交差するかのように、欲望の熱いほとばしりが、綾美の麗しい足を包む、純白のルーズソックスを汚した。
あれ以来、俺は綾美を見かけてはいない。
また俺は、新たな獲物探しに、今も公園をぶらついている。

関連記事
検索フォーム
エロい話ランキング
スポンサードリンク
カテゴリ
タグ

フェラ 中出し 学園 初体験 同級生 口内射精 処女 オナニー レイプ 先輩 修学旅行 外出し 乱交 寝取られ 手コキ 後輩 顔射 少女 アナル 寝取り 人妻 援助交際 合コン 本番なし 覗き 病院 3P サークル 彼女 お姉さん 痴漢 学習塾 看護師 セフレ 家庭教師 先生 クンニ 浮気 部活 レズ 浣腸 温泉 露出 生徒 幼馴染み アナルセックス ナンパ  大学生 スカトロ 会社 盗撮 テレクラ 合宿 風呂 元彼 看護婦 ヒッチハイク トイレ 泥酔 妊娠 帰り道 元カノ  風俗 夢精 

QRコード
QR
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる