2週間ぶりの再会

美奈はクラス、いや学年の中でも特別だった。
京人形のような雰囲気にもかかわらず、目は黒目がちの二重。
小さ目の口は形がよく、ニッコリ笑うと口角があがって綺麗な弧を描いた。
色白で透けるような肌。
頭も文系の中では10番以内に入っていたし、運動神経もよかった。
胸はけっこうあって身は細く、ヒップがキュッとあがってウェストのくびれもばっちり。
大人っぽい子でクラスのまとめ役でもあった。
決してしきりたがりってわけではなく、自然と皆が美奈の言うことや提案に納得してまとまるようなかんじだ。
彼女が年上年下にかかわらず告白の嵐にさらされていたのもうなずける。
けれど彼女は一向に彼を作ろうとはしなかった。
俺はと言えば、2年に入ってから背が高くなった位で、そう目立つようなヤシじゃなかった。

体育も普通より上、身長もちょっと上、頭は理系の中で常に5番内に入っていたからそこそこの自信はあった。
3年の2学期も終わりに近づくと、クラス内ははっきり色分けされた。
推薦で決まってのんびりしているヤシ。
一般試験組。
浪人覚悟のスローペース組。
俺は国公立しか行く気がなかったから必死組。
そんなある日、自習時間に渡り廊下に大田(幼稚園からの腐れ縁)に呼び出された。
何かと思えば、廊下の向こう側に美奈がいた。
色白の頬を真っ赤にして、これから一緒に帰って欲しいって。
これからって今日のこれからだと思って、そっけなく別にいいよって言ったら美奈が目にいっぱい涙を貯めてアリガトウって。
・・・・ひょっとしてこれって・・・・告られたのと同じか?
よくわからぬままにその日は一緒に帰り、翌日も、その翌日も・・・・
皆に冷やかされるのが嫌で、HRが終わると誰よりも早く校舎を出ると美奈が慌てて追いかけてくる。
そんな毎日が日常になって、でも俺は嬉しい反面迷惑だなっていう気持ちもあった。
センターの日程上、俺は第一志望をたった7人しか合格者を出さない日程におくしかなかった。
第一志望に受かるには凄まじい競争率をかいくぐらなければいけない。
もう12年も前の話だ。
今と学生の数が違う。
有名私大の倍率は軒並み60倍以上もする世界。
恋どころか自分の勉強で手一杯頭一杯。
けど、密かに毎晩自分でコキながらオナペットにしてたのは美奈。
セクースしてる夢を見る、自分の下で喘いでいるのも美奈。
俺は多分、今美奈とやってしまったらサルになるだろうっていう予感があった。
そうなってしまえば受験どころではなくなる。
毎日努めて冷静になるように自分を叱咤激励し、ひたすらストイックに生きようとした。
それは美奈も同じ事を考えていたんだと思う。
美奈自身も受験生だったから。
ある日、並んで帰りながら寝つきが悪いんだって美奈に言った。
そうすると、よく効くツボが手の甲にあるって教えてくれた。
美奈は本当はこんなところじゃなくってもっと効くところがあるんだけど、外ではできないしね。
と意味深な事を言った。
俺がわざとわかっていない振りをすると、水谷君、きっと勉強どころじゃなくなっちゃうでしょ。
って。
俺、見透かされてるって思ってカーッときた。
ちょっと触れただけの美奈の手にもドキッとして、オナる時にはその指が自分のチンコを握っているのを想像している事も知ってるんじゃないのか。
キスだってしたくてしたくてたまらなくて、何度となく今やってしまおうかと思いながら、キスだけで済まなるのがわかっているからひたすら我慢しているのも知ってるんじゃないのか。
俺は握られてた手を振りほどいて、自分だけ大人ぶるな。
弄んでるつもりかって言ってしまった。
しまった・・・・と思った時には美奈は長い睫を伏せて悲しそうな顔をして半泣きだった。
その顔を見てわかった。
美奈も俺に抱かれたがってる。
決めた。
俺は現役で志望校に受かって、美奈を思う存分抱いてやる。
かなりの精神力を要したが、俺達は正月が空け、本格的な受験シーズンに入っても結局キス一つしなかった。
美奈は関西の某有名大学にあっさり合格した。
倍率は新聞発表で66倍だったと思う。
卒業式も終わり、俺の第一志望の試験日が来た。
空港へ到着すると、美奈が出発ロビーに見送りに来ていた。
美奈はお守りだと言って俺に小さなハート型のマスコットみたいな物を持たせた。
美奈は小さな声で、本当はお守りって言って漫画みたいにキスしたいけどここじゃね・・・・って。
俺はたまらなくなって、隅っこに連れて行きキスしてしまったよ。
しながら、しまった。
頭から離れなくなったらどうしようとは思ったけれど、衝動を抑えきれなかった。
美奈は真っ赤な顔をして見送ってくれた。
不思議と頭に残るどころか、かえって集中することが出来た。
長い間抑えていた衝動の一部を開放したせいだろうか。
そして後期7人の難関を俺はなんとかすり抜けた。
時間は残されていなかった。
俺は関東へ、美奈は関西へ。
お互いに転居や新生活の準備、友人との別れの時間などで、俺の3月中旬の合格発表後はゆっくり会う暇もなかった。
そして、俺は美奈に黙ってある一つの決断をしていた。
今から思っても最低の決断だ。
俺は関西の大学にも受かっていた。
国公立ではあったが、関東の大学に比べると若干各下だ。
俺は美奈よりも大学を選んだ。
その時は第一志望に合格した高揚感と開放感、そして、ありがちな大学を偏差値ランクのみで選ぶという単純な物だった。
入学する大学を決めた時点で、俺は何と言って美奈に説明した物かと悩んだ。
地元の新聞で国公立の合格者は名前が発表される。
美奈は俺が2つとも受かっているのを知っているに違いない。
そして、大田の彼女で美奈の友達でもある子に話してもらうようにした。
すぐに反応はあった。
美奈から、○○日は一日空けておいて欲しい。
ゆっくりデートしようという誘いだった。
昼から美奈と待ち合わせをした。
会うのは実に2週間ぶりだ。
横断歩道の向こうから一人の女性がやってくるのが見えた。
目を疑った。
美奈だ。
薄く化粧をして、ウェーブをかけた髪が春の日差しに光っている。
すれ違うリーマンが振り返るのが見えた。
あわよくばと出てくる前にチンコを洗っておいた自分が浅ましく思えた。
なんと無難なデートなことか・・・・俺は自分の勇気のなさを自分で嘲いながら、夕方になり、美奈の送ってという言葉に素直に従った。
ところが、送り先は街中のランドマークとも言える高級ホテルだった。
聞けば昨日のうちに家は引越しをしてしまい、明日京都へ向かうのだという。
突然訪れた別れに俺は脱力してしまった。
自分で関東へ行くことを決意したというのに、なんと情けない俺・・・
部屋の前まで来ると美奈はどうぞと招きいれた。
家族に紹介?今更・・・と思いながら部屋に入ると誰もいない。
そこはおそらくスウィートかジュニアスウィートかと思える広い部屋だった。
俺が戸惑っていると、両方の祖父母から合格祝いにバッグやお洋服を買いなさいと50マソずつ貰ったのだと言う。
「でもね、私、別に高いカバンも洋服もいらないから、水谷君と過ごす時間の方が欲しかったから。」
美奈の顔は朱が差して、室内の間接照明も手伝って余計に綺麗に見えた。
と、俺のチンコがやっと反応した。
当然だよな。
今まで美奈にチンコが気後れしてたんだ。
だけど、これは言うなれば据え膳だぜ。
どうやって落とそうなんて考えなくても、相手は最初から股を広げる気でいるんだ。
重ね重ね情けない俺のチンコ。
・・・いや、俺か。
けど、はいそうですかとベッドインできないのも事実。
しかもベッドは別の部屋ときてる。
童貞君としてはどうやって隣室に連れて行くかということも大問題な訳さ。
美奈が、ソファから立って電話に手を伸ばした。
驚いたことにルームサービスのディナーまで頼んであったらしい。
あまりの展開に忘れていたけど、そういえば晩飯時だ。
どうやって隣室に連れて行くかは食べながら考えよう。
ディナーを食べ終わり、ソファに座ってコーヒーを飲んでいると静けさが訪れた。
俺としては気まずい沈黙。
何か話さなければいけないんじゃないか。
頭の中がサルになってしまっているのを見抜かれているんじゃないか。
ふと美奈を見ると、とてもリラックスした顔をしている。
その瞬間、俺の中で気まずかった筈の沈黙の価値が変わった。
別に話さなくてもいいじゃないか。
同じ時間を同じ部屋で共有している。
俺の中で何か力がスッと抜けるのがわかった。
「水谷君・・・・何考えてるの?すごい優しい顔してる」
美奈の声でわれに帰った。
「きっと俺、今までてんぱってたんだ。なんだか一緒にいて力が抜けたよ」
美奈が近寄ってきて胸に俺の頭を引き寄せ、抱きかかえてくれた。
「疲れたよね・・・・お疲れ様。おめでとう。で、さようなら・・・・かな」
急に美奈に対する愛しさがこみ上げた。
同時に抑え続けていた欲情も。
チンコはテントを張っている。
どうしよう。
やっぱりお姫様抱っことかして欲しいものなんだろうか。
わかんねーーーー。
美奈の胸はブラウスとブラの上からでも柔らかくて豊かなのがわかった。
耳元で聞こえる鼓動が俺のチンコの鼓動とシンクロする。
どうしたらいいかなんて、かっこいいかなんて、もう何にも考えることができなかった。
俺は美奈の手を引いて隣室に連れて行ったんだと思う。
気付いた時には唇を合わせながらベッドに倒れ込む所だった。
時間をかけてディープキスになんて考える余裕もなく、俺の舌は美奈の口の中を彷徨った。
そうしながらも手はブラウスのボタンを外し、ブラのホックを外し・・・
なかなかうまくいかない。
男って忙しいんだなと思ったよ。
やっと二人とも裸になった頃には、俺のチンコは限界に近づいていた。
ちゃんと朝抜いてきたのに。
部屋は間接照明で少しだけ明かりが採ってある。
美奈が消して欲しがったので真っ暗にした。
その代わりにカーテンを開け、夜の街の明かりを入れる。
ベッドに戻ってくる俺を見て美奈が少し息を飲んだのがわかった。
「そんなに大きいの・・・・入るの?」
「・・・別に普通のサイズだよ。大丈夫。」
急に美奈は怖くなったのかもしれない。
さっきまで胸をもみしだいていた時には足のガードは緩かったのに、今はきっちり閉じてしまっている。
征服欲が急に高まるのを感じた。
美奈の足をガッと広げてズブリ・・・
いやいや、ガマンガマン・・・
美奈の唾液を堪能しながら乳首をつまむと息が漏れた。
転がすようにしながら、つまんだりひっぱったりしている内に足のガードが緩んでくる。
その隙に足の間に割って入り美奈を組み敷いた。
そのまま首筋に、耳にキスをし、舐めながら下へと移動していく。
美奈の息がだんだん大きくなっていく。
乳首に到達するのと同時に手をマムコに。
ビクッとする美奈。
美奈のマムコはトロトロになっていて俺を驚かせた。
実際、女性がどれくらい濡れるのか知らなかった訳だ。
割れ目に沿って上下に指を動かすと、割合下のほうに奥へ通じそうな入り口があるのがわかった。
侵入口はここか。
以外に狭き門のようで、美奈が心配したのもわかるような気がした。
ここを広げてから挿入しないと痛いんだよな・・・・教えてもらった事を思い出す。
美奈は俺が指を這わせるたびに小さな声を出すようになっていた。
そのまま割れ目を上に移動させると小さな突起が見つかった。
クリトリスだ。
試しに押すようにしながら円を描いて刺激した。
「ああっ。そこ・・・・あっ・・・ダメ・・・・」
美奈が体を震わせる。
震えてもらってなんぼの世界。
俺はかまわずクリをいじり続けた。
美奈の声がだんだん大きくなる。
「あ・・・ハアハアハア・・・・ああっ・・・・ハアハアハア」
「あ・・だけじゃわからないよ、どうなの、美奈」
「ハアハア・・・とってもキモチイイ・・・」
恥ずかしそうな美奈の顔を確認し、俺は一路美奈のクリへと舌を這わせた。
マムコは前にも増して濡れてきている。
「美奈、洪水になってるよ。溢れ出してきてる」
「もう・・・・そんな恥ずかしい事・・・・あああっ」
クリを吸い上げた。
俺の顎を美奈の愛液が濡らす。
そのまま指を奥へと前進させた。
「んん・・・ゆっくり入れて・・・う・・・・」
舌の先でクリを転がす。
グジュグジュと卑猥な音を立てるジュースを時にはこぼさないように舌で受け止めながら俺の指は美奈の中を探検した。
我慢を超えた衝動があった。
俺は体を起こし、部屋の電気を点けた。
そのまま美奈の腰を持ち上げるようにし、マムコに顔を近づける。
オレンジ色の光にヌラヌラと光るマムコ。
「美奈・・・すっごい濡れてるよ。ヌラヌラしてていやらしい。」
「いやらしいのは・・・修じゃない・・・電気消して・・・」
「嫌だ。俺ずっとこの日を待って我慢してたんだ。」そういうと腰をおろし、クリを音を立てながらすすり、急いでゴムを装着した。
チンコを片手で誘導し、マムコに挿入しようとした。
が、美奈は処女だった。
中々思うように入らない。
力で押し入れるしかないのか・・・・グッと腰を前に振ると美奈が悲鳴をあげた。
押し広げるように左右にチンコを動かしながらゆっくりと侵入していく。
「ああぁっ・・あ・・んん・・ん・・はあぁ・・」
俺のチンコが美奈を貫いていく・・・初めての感触とその思いが俺を異常に昂ぶらせていた。
しばらくかかって根元までずっぽり俺のチンコは美奈の中に収められた。
マムコの痙攣がチンコに伝わる。
下には入れているだけの状態で喘いでいる美奈。
「動いてもいいか?痛くないか?」
「い・・・痛いけど、いいよ。動いても。」
俺はゆっくりピストンし始めた。
俺が奥に突き上げるたびに喘ぎ声というよりは悲鳴に近い声を上げる。
もっとこのままで・・・と思っていたのに、急に終焉はやってきた。
「ハアハア・・・・美奈・・・逝ってもいい?」「ん・・・」
俺の腰が何かに取り付かれたように激しく動き、美奈は背中を海老のように反らせた。
その体をしっかり抱きしめながら俺は発射した。
しばらく美奈の体の上で彼女を抱きしめたまま俺は放心状態だった。
ゆっくり彼女から撤退すると、美奈は小さなため息をついて反った背中をベッドに降ろした。
二人でしばらく手をつないだまま呆然としていたが、どちらからともなくバスルームへ。
と、そこには夜景が一望できるバスタブと、真っ白のタイル。
ガラス張りのシャワーブース。
バスタブに湯を張り、ジャグジーにしてどうでもいいような事をおしゃべりしていた。
泡が俺の股間を刺激する・・・・と思ったら俺のチンコは2回戦に挑みたがっている風だった。
美奈が湯から上がろうとしたが、俺は腕をつかんで自分の方へ引き寄せた。
湯の中で美奈を膝に抱いた。
「痛かった?」「うん・・・けど大丈夫。・・・まだ大丈夫だよ。」
俺の状態がわかったのだろう。
美奈は首にしがみついてきた。
「ね、修。お願いがあるの。コンドームなしにして・・・・私の中で終わって・・・・」
びっくりして美奈の顔を見た。
彼女は泣いていた。
そうは言っても俺にその度胸はなかった。
出す直前に抜こう。
美奈はいつのまにか俺にまたがる姿勢になっていた。
浮力で難しかったが、2回目の挿入を果たした。
水の中でも美奈のマムコはどんどんジュースを供給してくれた。
美奈の腰をしっかり持ち、上に突き上げた。
胸を揺らしてよがる美奈。
湯船の中に立ち上がり、窓に向かって美奈を立たせ、バスサイドに手をつかせた。
バックから挿入する。
夜景の光る窓に映る苦痛か快楽か顔をゆがめる美奈。
胸。
乳首をつまみ、胸をもみしだく俺の手。
外からも見えるんだろうか。
自然と腰の動きが大きく早くなり、美奈の声がバスルームに響く。
クリを人差し指を中指で挟み、上下に揺すると美奈は発狂したように頭を振った。
俺の腿が、袋が美奈の液で濡れる。
「美奈、この音、何の音かわかる?」
「ああっ・・・そんなの・・わかんない・・あっあっあっ」
「美奈のね、お尻に俺の袋が当たってるのわかるだろ?美奈のジュースで濡れちゃってるよ。」
「あっあっ・・ハァハァ・・・修・・・ピクピクしてるのわかるよ・・・」
「俺の何がピクピクしてるの?」
「だから・・・修の・・・」
「ちゃんと言わないとこうだよ」
クリトリスを激しく揉んだ。
「はあぁっ。だから・・修の・・・お・・・」
「まだ言えないんだ?」
美奈のマムコの入り口が見える。
俺のチンコが出たり入ったりしているその入り口に指を這わせ、チンコの脇から一緒に入れようとする。
美奈の悲鳴。
「修の・・・修のおちんちん・・・」
その言葉に俺のチンコは激しく反応した。
1回目、美奈の痛みを気遣っていた自分とは裏腹に、滅茶苦茶に突き上げたい自分がいる。
美奈の悲鳴ともつかぬ喘ぎ声を無視するかのように、俺は激しく腰を動かした。
パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
「あっあっあっあぅっあっあっあっ・・・あああぁっ」
出す瞬間、美奈の中から俺は出た。ドピュピュ
湯船にパチャチャ・・・と白い白濁液が飛び、美奈の太ももの後ろを伝って落ちた。
二人とも肩で息をしながらしばらくその姿勢でいたが、くるりと美奈がこちらを向くと俺の頬をぶった。
「なんで中で出してくれなかったの?頼んだのに。」
美奈は泣いていた。
なんで・・・
「ごめん。でもな、もしものことがあったら・・・・だろ?」
美奈は激しくかぶりを振った。
「私の中に入り込む最初の・・・にしたいの。修のを最初のにしたいの。そういう意味でも・・・修に処女を全部あげたい・・・」
女にとって処女って挿入だけじゃなかったのか。
そう思うと衝撃でもあり、ただ突っ込むことだけ考えていた自分が恥ずかしくなった。
俺の合格を信じて1ヶ月も前からピルを飲んで準備していたのだという。
美奈はできるだけの性経験を俺としたのが最初にしたいと言った。
今夜は眠れそうもない。
俺は頑張った。
ちょっと後悔もした。
もちろんセックスのことではなく、来る前に精力剤を飲めばよかったという意味だが。
清楚な外見とは裏腹に美奈はセックスが好きだったし、声も大きく、感度も良好だった。
今夜が初めてなのに・・・・色々とテクニックについては勉強してきたらしい。
腕枕をして何ともなく話をしていると、美奈の指がおれの乳首のあたりにおかれ、時々かすかに動く。
美奈は別に意識していないのだが、その僅かな動きにそそられ、おれのチンコは勢いよく天を向いた。
手を取り、俺のチンコへ持っていくとそのままチンコを軽く握り、どうしたらいいの?と聞かれた。
俺は真中を握らせ、向きに抗わずゆっくり上下に振らさせ、美奈の口を俺の乳首に持っていった。
美奈は案外と上手に手でコキ、乳首を丁寧に舐めた。
そして頼んでもいないのに布団の中に潜っていき・・・
パクリ。
咥えられた俺は身震いした。
これが・・・女の口の中の感触か。
美奈は歯を立てないようにゆっくりとチンコ全身を吸った。
美奈の口の中の空気が出て行き、チンコがぴったりと粘膜で包まれる。
俺とチンコはピクピク痙攣した。
「ねぇ。何か・・・味がする。」
「先走りだ。美奈が吸い上げるから出ちゃったんだ。」
「ね・・・どうして欲しい?」
「ん・・・下から上に舐めあげて先っちょを舌の先でぺろぺろして・・・」
美奈の舌が硬くなったチンコに絡みつき、音を立てながら舐め上げる。
俺はたまらず体勢を入れ替え、美奈の尻を顔の上に持ってきてマムコ全体に吸い付いた。
美奈の口の中は俺のモノでいっぱいだ。
うめき声が漏れる。
そのまましゃぶりつき、舌を膣に差し込んだ。
うめき声が大きくなる。
どんどん溢れて来るジュースを受け止めながら俺も快感にうめき声を漏らした。
だが、どうしても美奈の腰がひけてしまう。
上下を入れ替え、下で待ち受ける美奈の口にチンコを詰め込んだ。
今がチャンスだ。
美奈は俺の行為が見えない。
俺はベッドサイドの電気を一番大きくし、ライトをこちら側に向けた。
柔らかいオレンジ色のライトに照らされたマムコはピンク色だった。
両手の指で花弁を開き、膣を指でつつく。
ひくつくマムコ。
うめき声。
両手の人差し指を同時にゆっくり入れていく。
沈んでいく俺の指。
ヌチャヌチャという卑猥な音。
美奈のうめき声が一段と大きくなった。
限界まで入れてから左右に広げ、膣の入り口を舐め、クリを噛む。
美奈はうめきっぱなし、液体は垂れ流しだ。
「美奈、濡れすぎだよ。いやらしいな。」
「俺の指がぬるぬるで白いものでいっぱいだ」
俺が何か言うたびに美奈のマムコはピクピクと痙攣した。
一本抜いてやるとうめき声は一段落したが、中指を再挿入。
2本でピストンだ。
俺の指は長い方だ。
奥の突き当りまで達している感触がある。
うめき声も大きくなった。
美奈の舌はあいかわらず俺のものを舐め続けている。
さらに指を増やした。
美奈のうめき声が大きくなり、マムコは痙攣しっぱなしだ。
突然、最初の挿入の時に感じた征服欲の意味がわかった。
俺にはレイプ願望があったんじゃないのか。
こんなに魅力的で誰もがかわいいと感じる美奈。
今の状況は決して楽しいとは思えない。
もっと優しくされるのが当然だ。
口にブツを入れられ、変な味のするチンコをしゃぶらされ、マムコを明るい光で見られながら指を挿入される。
けれど美奈。
お前が望んだんだ。
出来うる限りの性経験を俺と最初に体験したいんだろう。
俺の限界点が近づいた。
俺にはもう一つアイデアがあった。
美奈の中から指を抜き、口からチンポを抜いてやった。
よだれだらけになった美奈の顔をふいてやり、ちょっと待っててと言い残して隣室へ。
俺のバッグに丁度いいものが入っている。
マーブルチョコのケースぐらいの円筒で先っちょに丸いキャップがついている。
腹が鳴らないように買っておいたグミキャンディーのケースだ。
隠し持ってベッドに戻ると美奈がすがりついてきた。
布団をはだけて裸体をライトにさらした。
「大きく足を広げて。」
「ヤダ・・・・恥ずかしい」
「ダメ。これ以上開かないくらい広げるんだ。」
おずおずと開脚する美奈。
「まだ広げれるはずだよ。」
「もう・・・許して。」
「じゃあ膝を立ててみよう。」
「・・・こう?やだ。恥ずかしい・・・見ないで」
「そう。かかとをお尻につけて・・・足を浮かせて」
美奈のマムコがこれ以上ないと言うくらいにさらされていた。
美奈は恥ずかしさのあまり顔を覆っている。
グミのケースを思い切りよくズブリと差し込んだ。
チンポより細いんだ。
大丈夫だろう。
「あぁぁっいやあっ うっ うんっ あっ あっ」
そのまま激しくピストン運動をさせる。
美奈が喘ぎ続ける。
「ね・・あぅっあうっ・・・おねがい・・やめ・・あぁっ、あぁっ」
「うるさい子はこうしなきゃ」口にチンポを差し込んだ。
美奈の喘ぎ声はやんだが、ずっとうめき続けている。
俺はこのまま発射したくなった。
頭はとんでしまっている。
もう口でも顔でもなんでもよかった。
中出しをせがまれたが、やっぱり俺にはそこまでの覚悟はない。
美奈許せ。
何の前触れもなく突然俺は逝った。ドピュピュピュ・・・・
むせながら美奈は起き上がってきた。
飲まなくていいといったが、美奈は頭を横に振り、やがて喉が動いた。
美奈は泣いていた。
ヨダレと精液と涙がまじってひどい顔だったがやはり綺麗だった。
俺は・・・・確かに美奈が言ったんだ。
出来る限りの性体験を俺としたいって。
でも今日ここまでする必要があったんだろうか。
美奈に謝ると、私が望んだことだし、私は何をされてもしても嬉しいの。
そう言ってバスルームに消えていった。
不覚にも俺は美奈が戻ってくる前に寝息を立ててしまっていた。
なんてひどい男だ。
俺が目覚めたのは多分夜中の3時ぐらい。
美奈がベッドから出る気配で目がさめた。
俺は夢の中でも美奈を抱いていた。
美奈は喘いでいた。
チンポはもう復活していて、俺は自分のサル加減にウンザリした。
美奈はバスローブを羽織って窓際に立っていた。
地方都市はもうライトをあらかた落として眠りについている。
俺も起き上がってローブを羽織、美奈の隣に立った。
「ごめんな・・・・俺、子供みたいで。それから・・・」
いつかの弄んでるつもりかと言ってしまった時、俺が美奈とセックスしたがってるのを見抜かれたと思ったんだと言った。
美奈は微笑んで「人はみんな子供から出発するんだから。」と言った。
その瞬間わかった。
自分の馬鹿さ加減が。
俺は自分が惚れられていると思っていた。
全然逆だ。
俺が惚れてたんだ。
その証拠に美奈のことならどんなにつまらない事でも覚えているじゃないか。
体育祭で出た種目、テニス部の戦績、家庭科の時間に縫ったスカートの柄、履いているソックスの柄、誰に告られたか、欠席の日数まで。
そして俺は惚れられたとカンチガイして、いっぱしの男が女を捨てるのと同じ感覚でより偏差値の高い大学を選んだ。
13歳年上の兄貴が俺に忠告してくれていたのに。
・・・大学のランクなんか、ある程度まで行けば社会に出れば一緒だ。
どんなにいい大学を出ていても使えない奴はいっぱいいる。
要は大学で何をしたいか、自分にあっているのか、大切にしたいものを見つけることができるのか。それが大事だと思うよ。・・・
俺はここで、大切にしたいものを失おうとしているんじゃないのか。
美奈がバスローブを脱いで俺のローブのベルトを取り、そっと寄り添ってきた。
ローブごと美奈を抱きしめ、しばらく二人で佇んでいた。
美奈がそっと口を開いた。
元は京都出身なこと、父親の転勤で3年だけこの街にいたこと、父親が仕事で賠償金請求され、会社も首になったこと、一気に知り合いも知人も冷たくなってしまったこと・・・
美奈は、私はこの街に追い出されるのかもしれないとさみしく笑った。
そしてまた元気になってしまった俺のチンコに口を近づけていった。
その日、俺たちは朝までの間に6回もやった。
美奈は俺の挿入の度にどんどん液を湧出させ、腰をひねりながらよがった。
最後のあたりには美奈の痛みも減ったようだ。
自ら俺のお尻を引き寄せるようになった。
俺は調子に乗ってどんどん腰を振った。激しく激しく・・・
もう会えなくなるのがわかっていたからか、二人は果てても果ててもまたすぐにお互いを昂ぶらせ、合体した。
強く乳首をひねると湧出量が増えるのもわかった。
俺は挿入しながら何度も乳首を噛み、跡をつけてしまった。
バックの方が感じるらしいこともわかった。
白白と夜が明けるのを見ながら窓に手をつかせ、後ろから攻め立てた。
クリトリスは潰れんばかりに絞ってやった。
結局俺は美奈の中に3回出した。
一回、割れ目から白い液体を滴らせているマムコを見せてやった。
背面から美奈の膝に腕を通し、持ち上げてドレッサーの前まで連れて行ったのだ。
美奈は小さくアリガトウと言った。
礼を言われる筋合いはないのに。
その場で下に降りた美奈は俺の首筋にしがみつき、一生忘れないと囁いた。
美奈は・・・もう俺会うつもりはないんだ。
俺が京都へ行っても、同窓会があったとしても。
その日、12時半の新幹線で美奈は京都へ向かうことになっていた。
チェックアウトの時、俺は改札口に見送りに行くと言った。
美奈は優しく微笑んで、「もし言えなかったら後悔するから先に言うね。ありがとう。さようなら。」
予感があったのか。
俺は改札口に行けなかった。
いや、行ってはいたのだが、友達と別れの最中の美奈のところに出て行けなかった。
柱の影から。
ふと覗き見ると美奈は改札口を入ろうとしている所だった。
やっと柱の影から出て行く俺。
友達が美奈に声をかける。
エスカレーターから振り返り、手を振る美奈。
俺の姿が目に入ったかどうかはわからない。
美奈はそのまま振り返らず、エスカレーターの上に消えていった。
一週間後、俺も同じホームから関東へと旅立った。
美奈とのことは俺のトラウマのようになってしまった。
美奈自身も美しく、セックスも素晴らしかったから。
女を見、知り合うたびに美奈と比較してしまう。
付き合った女もセックスした女も数人いるが、全員美奈とは比べ物にならなかった。
果たして、美奈は卒業後2年目と5年目の同窓会に出席しなかった。
俺はあわ立つ心を抑えて帰郷したのだが。
そして26の時、大田が美奈の友達と結婚した。
披露宴ぐらいは来るだろう・・・俺は再開を楽しみにしていたが、美奈は現れなかった。
2年前、年賀状が戻ってきてしまってから音信不通なのだそうだ。
俺は半年ばかり悩んでから「昔の恋人探します」20万ばかりを支払って美奈を探してもらった。
今更会いたいというわけでもなく、何を期待しているわけでもないのだが、どうしているのかがわかれば吹っ切れるような気がしたのだ。
ところが驚いたことに美奈は千葉にいた。
俺は当時横浜。
同じ関東でも随分と遠いが、京都よりはマシか。
父親の賠償金のおかげで京都の地所を売り、母方の方へ身を寄せたのだという。
美奈は大学の卒業に合わせて千葉に移り住み、仕事をしているらしい。
住所を知ってしまうと行きたくなるだろう。
ストーカーみたいになってしまうかもしれないじゃないか。
俺は震える手で報告書にガムテープを貼り、封印した。
その1年後、俺は天の配剤か、千葉営業所に転属となった。
ここまで書けばもうおわかりだろう。
俺は美奈とコンビニで再会を果たす。
転居に伴い、報告書のガムテープをはがしてしまったのだ。
今、俺は大阪で仕事をしている。
美奈は千葉にいる。
来月、ゴールデンウィークが終わる頃、美奈は大阪へやってくる。
俺の子供を抱いて。
関連記事
検索フォーム
エロい話ランキング
スポンサードリンク
カテゴリ
タグ

フェラ 中出し 学園 初体験 同級生 口内射精 処女 オナニー レイプ 先輩 修学旅行 外出し 乱交 寝取られ 手コキ 後輩 顔射 少女 アナル 寝取り 人妻 援助交際 合コン 本番なし 覗き 病院 3P サークル 彼女 お姉さん 痴漢 学習塾 看護師 セフレ 家庭教師 先生 クンニ 浮気 部活 レズ 浣腸 温泉 露出 生徒 幼馴染み アナルセックス ナンパ  大学生 スカトロ 会社 盗撮 テレクラ 合宿 風呂 元彼 看護婦 ヒッチハイク トイレ 泥酔 妊娠 帰り道 元カノ  風俗 夢精 

QRコード
QR
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる