出会い系サイト

携帯の出会い系サイトの掲示板に、登録してたら18歳の女性から「お付き合いしてください」との、申し込みがありました。
僕は普段はセールスマンなので、平日の4時からというので、デパートの中にある喫茶店でお会いしました。
確かに「栄倉奈々」さんのような美女で、身長も170~近くあり、素敵な美女でした。
「私今困っているので、援助してもらえませんか?」突然に言われました。
僕のサイトは援助交際のサイトですから、当然お金を支払っての性行為はあると思っていました。
「今スグに出かけましょう」と言われて、すぐに10分ぐらいで行けるラブホテルに入りました。
まだお昼と言うのにかなり満員状態で、1万円近くの部屋しか空いていませんでした。
すぐに部屋に入ると「お願い部屋を暗くして~」と頼まれます。
お風呂にお湯を張り、お茶を飲んでから抱きすくめると「お金を3万円ぐらいは欲しいの?」と言います。
「解った」と言って、お金を用意しました。
でも以前お風呂に入っている隙に逃げられたので、性行為を終えてから渡すと言いました。
すぐに全裸になり、手を掴んで浴室に入りました。
身体は身長が170~ぐらいで、バストは83~ぐらい、ウエストは58~で、ヒップは87~だそうです。
まだ初々しい身体で、指先で彼女の胸の谷間やお臍の周りをゆっくりとなぞります。
「くすぐったいよ~~」と恥ずかしがります。
でも陰毛は産毛のようで、そこに触れるとピくっと震わせて蹲りました。
顔を持ち上げて、唇にそっと口付けをします。
最初は頑なに口を閉じていましたが、じっと口をつけて待っていると、いつの間にか口の中に舌を入れさせました。
僕は優子ちゃんの柔肉の亀裂を、ねちっこく指先で撫でまわしました。
そして木の芽を探し当て、その敏感な突起物に指の腹で巧みにバイブレーションを送りました。
「あああぁぁっ、そ、そこ~~っ、あああぁぁっ、むむむ~~っ」自分の口に片手を咥えたまま、腰をピクンピクンと震わせ、身体を上下させます。
匂いたつ泉に唇を押し当てると「ああっダメよ~~」優子ちゃんの身体が踊ります。
膣の中に指を入れると、すでに肉園の内側は愛液が溢れ、ねっとりと会陰部を濡らし、更にセピア色のもう一つの肉孔まで伝わります。
部屋に戻ると少女は、「あうっ」彼女自身で左右に割広げたプッシーは、閉じ合わさっていた神聖さをかなぐり捨てて、いきなりセクシーな肉谷へと変化していました。
花弁は薄く色は綺麗なピンク色で、その周辺の盛り上がりもやや赤身がかっており、デルタ地帯から秘唇に陰毛が続いていました。
「そろそろ入れるよ」と言いながら、スキンを着用をして潤んだ中に勃起したペニスを入れました。
まだ日頃から馴れていないようで、膣口はしっかり閉じており、入口は入りません。
無理やり両脚を広げて膣の中に挿入します。
中には屈曲した膣襞があり、そこを抜けるとやっと奥まで一気に入ります。
彼女の顔を見ていると慣れていないのか、しかめっ面で眉を顰めています。
彼女の熱い溜息が聞こえます。
ぬるんだ肉襞が硬幹を締め付けてくる感触に、堪らず「おうおうおう」と声が出てしまいます。
密まみれの極太肉を根元まで飲み込んだ膣は、すぐには言葉も出ずに「あああぁぁっ、凄いのねぇ~~、あ、ああぁぁぁ~」呼吸も出来ずに仰け反りました。
「アッ、イクわ~~、イクイクイク~~っ」腰を跳ね上げて全身に痙攣が走り、まるでカラクリ人形の糸が切れたように、ベッドの上で動かなくなりました。
僕もまるで打ち上げ花火のように、彼女の子宮前に快感が炸裂、目もくらむような吐精感に負けて、熱い欲望のエキスを吐き出しました。
「良かったよ」と褒めると、恥ずかしそうにバスルームに消えました。
彼女のハンドバックを開いてそっと覗くと、学生証が見えて17歳の私立の女子高校生でした。
慌てて浴室に駆け込みました。
「君ってもしかしたら女子高生じゃないよね」と聞くと「何で?」と首を傾ます。
確かにオッパイは大人の見事さですが、鎖骨から肩口へのほっそりとした曲線は、妙に痛々しく、まるで青いリンゴを感じさせました。
でも動こうとする細い手首を強く押えて、乳首に間延びをした愛撫を咥えました。
こりこりとしこり立っている乳首は、熟れる直前のグミのようでした。
その豊かな乳房の頂点に唇を被せ、紅色のイチゴを啄ばみました。
「アアぁぁんん・・・・いやいやぁ~~、感じちゃうよ~」首を仰け反らして大声を上げて呻きます。
「私は4月5日生まれだから、今はもう18歳だし結婚も可能なのよ」と、独り言を言います。
もう僕のペニスは完全にまたも勃起しだして、挿入を望んでいます。
ベッドに移りスキンを装着して、2回戦に挑みます。
「私の彼とは最近別れたの。だからオジサンみたいな素敵な紳士は大好きよ。それとここもカッコウいいし」とチンポを指さします。
僕は今は32歳で、最近婚約破棄をされて独身なのです。
「前の彼は大学生だったのだけど、アソコが短く、皮冠りの上に、挿入するとすぐに5分後は射精するの。オジサンみたいなペニスだったら、私は別れはしなかったわよ。さっきは本当に死ぬかと思うほど気持が良かったわぁ~~」多分本音でしょう。
最初は赤い芽立ち程度でしたが、舌の先で転がし、口に含んでしゃぶり立てると、たちまち充血をして、帆立て貝の剥き身のように貝柱を直立させます。
「あうっ!」魅惑の宮殿の下には、18歳とは思えぬ秘められた官能の全てを晒していました。
「君の膨らみもいいし、毛の生え具合もいいし品があるよ。濃からず薄からず、淫らでいて、どこかに幼さが残っているのが最高だよ」と褒めると、すぐに自分で股を大開きにして見せてくれます。
身体の奥から溢れるものがとめどもなく流れ、花ビラを覆う繊細な絹糸の群がりは、露を含んでキラキラと光っています。
彼女の年齢では解らないだろうが、アソコはとろとろに粘度を増し、白濁液がつつっと内腿を伝わりました。
まさに彼女の秘孔から湧き出したもので、俗にいう「本気汁」と呼ばれるものでした。
「一度舐めてごらん」と言い、硬くて太く聳える陰茎を彼女の口もとに持って行きました。
化粧をしていない可愛い口に、それはいきなり挿入されます。
「あうぐっ」美しい眉が観念したように、生臭いものを舌に絡め、根元まできつく咥えさせました。
小刻みに舌先を微妙に動かし舐めまくり、先端から付け根から、亀頭の裏側まで命令どうりに動かせます。
18歳の白い内腿に顔を埋め、目の前で揺れる乳房を握り濃厚なキスをして、尻に両手を当てて割れ目に陰茎を宛がい挿入しました。
ムール貝みたいな彼女の膣は、サーモンピンクの合わせ目を見せて挿入を受け入れました。
「あああぁぁっ、身体がヘンだよ~~、助けてぇ~~、いいよぉ~~」彼女は18歳とは思えぬ、甲高いアクメ声を放ち、ブリッジをするように海老反りで身体を硬直させました。
その直後にペニスが大きく脈動をして、熱い欲望のエキスを猛然と迸ります。
二人同時のオルガスムスで、若いのに膣襞が充血して肉棒を締め付けました。
「ああぁぁぁっ、イクよ~~~~~~~~~~」僕も白濁液を膣奥に射精していました。
僕の背中に爪を立て、随喜の涙を流しつつ、いつまでも白眼を剥いて、連続のオルガスムスの波に翻弄されていました。
彼女は「ワタシ”イク”という感触が初めてなの。凄く気持ちが良いのですね。身体が浮き上がり、頭の中が真っ白になるって本当なんですね?前の彼は向こうからの強引なお誘いで始めたのだけど、今思えば彼のアソコは12,3~、皮が剥けておらず、先には真っ白な滓がべっとりと付いていたわ。私がスキンを着けてねと言うと、着けている最中に精液を出したのよ。とにかく早くて、それから1週間後に初めて挿入出来たの。でも約5分で射精してたわ」
本当に最初は僕もそうでした。
17歳の時に、親友の姉としたときは、挿入して約2,3分後には出していました。
「皆なそうじゃないのかな~」「でもその彼が、お前のマンコはデカ過ぎるって言うんです。オジサンもそう思いますか?」
「とんでもない。君のアソコは”三段締め”と言われる名器だよ。彼にはすぐ射精するので満足出来なかったのじゃないかな」これは事実です。
今までに携帯サイトで約12名と会い、セックスに発展したのが8名で、かなりのオバサンも含めて初めての経験でした。
「私張り切ったらお腹が空いちゃった」と言われて、僕はラーメンとビール缶、彼女はカレーライスとコカコーラを出前で頼み、全裸で向き合って食べました。
「ねぇ~~もう一度してくれる~?」と甘えます。
「フェラチオの経験はあるの」というと「前に彼が無理やりに口の中に入れさせたの。あまりの気持が悪くて、出た液をすぐに吐き出し、洗面所で歯ブラシで洗い、濯いだわ~」と言います。
お互いの性器を触り、抵抗が無くなったら乳房と性器を吸わせます。
直接にヴァギナはきついので、時間をかけて周囲から攻めて舐めます。
僕も彼女の陰部を舐め、シックスナインのスタイルで舐め合いました。
彼女は自分のアソコを見たことがないというので、手鏡を持ってきて見せます。
クリトリス。
大陰唇、小陰唇、肛門、膣口を見せました。
「君のはとっても綺麗だよ。年齢を重ねるとどんどんと色がくすみ最後は土留色と言い、丸っ黒になるんだよ」
僕は舌先を使ってクリトリスの包皮をむき、そっと吸いました。
「ここが一番気持ちがいいわぁ」と大喜びです。
「マスターベーションをしたことはあるよね」と聞くと恥ずかしげに頷きます。
クリトリスを中心に性器の周辺を刺激して、快感を楽しんでいるようでした。
彼女に軽く陰茎を握らせて、手を上下させ亀頭部や金タマに弱い刺激を与えてもらい、柔らかく口に含んでもらいました。
「先から凄く液体が出てるよ」「それは挿入の準備で膣が乾いていても痛く無い様に出てるんだ。だから舐めても害はないから」と吸わせます。
「でも何だかショッパイよ~」
ペニス全体を刺激しながら僕を興奮させて、亀頭から口に含ませました。
もうヌルヌルになった所で、ベッドの横に立たせて頭をつけさせてお尻を出します。
つまりバックからの性交です。
膝をついた彼女の背後から挿入します。
男性は比較的に手を使え、乳房やクリトリスを刺激しながら性交ができ、最高のスタイルです。
「ぁぁぁんん、もうダメだよ~~、逝っちゃうよ~~」もう腰をモジモジさせて善がります。
一度抜いて彼女を上に載せる「騎乗位」で攻めさせます。
少女にとっては圧迫感が少なく、自分で動けるので最高に気持ちが良さそうです。
今度はバリエーションを変えて、彼女の両脚をしっかりと伸ばさせて、その状態のままで膣に入れます。
かなりペニスが長くないとすぐに抜けるスタイルです。
でも大腿部と膣に圧力がかかり、おまけにクリトリスを同時に愛撫するので、女性は大喜びするスタイルです。
最後は普通の正常位で向き合い入れました。
溢れる蜜液で、ぬかるみのようになった大小の秘弁の狭間に、僕の熱塊が半ば埋まり、膝たちの姿勢で彼女のマンコにぐいと埋めこみました。
「ほれほれほれ~~っ」自らを鼓舞するように声を出し、一気にせわしく抽送を加えました。
「あふっ、あひっ、いひっ、いっ、いっく~、いっくぅぅぅ~~」眉間に皺を寄せて、朱に染まった首筋をピクピクと痙攣させます。
僕の背中に爪を立てて、随喜の涙を流しながら、絶頂の波に飲み込まれてオルガスムスに達するのでした。
そして白目を剥いて昇天しました。
僕も我慢できずにスキン越しに、思い切り子宮前に精液を放出していました。
凄く相性が良いと思うのです。
男と女って、アソコの相性が良くないと長続きしないと思います。
18歳にしては「三段締め」の名器だし、僕の17~クラスのペニスとぴったり合うのです。
別れた前の彼女は学生モデルを、していた位の美女でしたが、なにせ身長は171~で、B75、W58、H81でした。
体重も54~しかなく、アソコも貧弱で僕の陰茎が入ると、すぐに子宮に亀頭がぶつかり痛がるのです。
エクスタシーよりは早めに終える方を選ぶので、何時も不満タラタラで、こちらがイカナイのに「イッタ」振りで終えていました。
ところが今度の奈々ちゃんは、身長は同じ位なのに、膣の奥行きが長く、挿入してピストンすると子宮口に当たるだけで「イク」状態になるのです。
それと前の彼女は性交時間が長くなると、愛液が段々と少なくなり、ピストンが痛かったらしいのです。
奈々ちゃんとはあまりにも気が合うし、お互いの住所が小田急線の「豪徳寺」と、京王線の「下高井戸」なので、世田谷線で140円、13分で逢えるのです。
僕は実家は母親一人で、築35年の一軒家で、90坪はあり僕の個室もあるので、彼女がきても恥ずかしくはありません。
母親も恋人が欲しいと言っているし、部屋で性行為をしてても素知らぬ顔をしてくれます。
彼女の実家は下高井戸のマンションで、父とは離婚した母と、後は下に二人の妹が一緒に住んでいます。
最初のころからもう一月が経ち、二人は僕の仕事次第で平日でも逢えるので、時々はラブホ、たまには僕の家に来てもらい性交をしています。
スキンがお互いが好きではなく、彼女は母親が前にしていた塗るコンドームを、使用するようになりました。
性交の20分前に陰茎に塗布、そして膣の入り口にも塗布すれば妊娠はしないそうです。
良く出来た母親で、自分が産婦人科で貰って彼女に与えているのです。
確かに妊娠するよりは合理的で、妹にも渡しているようです。
最近セックスをしていて、いわゆる”Gスポット”を見つけたのです。
彼女の膣の入り口から約2~上の壁にあり、中指を曲げてちょいと膣内に軽く曲げて入れると、指の腹が当たりなのです。
Gスポットは、尿道を取り囲み、クリトリスとも繋がり、膀胱踁に繋がっているようです。
それは男性のペニスの海綿体と同じらしく、そこを繰り返し刺激すると、まるでペニスが勃起するように盛り上がり、小さな孔から精液のような液体が溢れ出ます。
実際に彼女に協力して貰い、自分で膣を広げさせてそこをデジカメで撮影したのです。
尿道口から一見尿のようなものが射出され、彼女がオルガスムスに達すると絶頂で、いわゆる”潮吹き”をするのです。
江戸時代の春画でも、その潮吹きが描写されており昔からあったみたいです。
でも学術書によると日本人の、そのスポットを持っている確立は25%だそうです。
男性の射精にも似た、女性の射精が正しい説です。
これが奈々ちゃんにもあり、最初はオシッコを漏らしたのかとビックリ。
でも段々と快感で白目を剥いた時にそれを発見。
今では毎回ここを愛撫して一度はイカセテから、陰茎の挿入を行っています。
彼女の呻き声があまりにも大きく、うちの母親に見つかるかもしれませんが、今のところは何にも問題はありません。
奈々ちゃんは先日は学校での「生理体育」の授業で、性教育の時間があり、17,8歳でのクラスの女子生徒の性交体験を聞かれました。
クラスの39名中21名が性体験がありました。
最初の子は14歳の時に、体育の先生に破瓜されていました。
ほかは殆どが17歳か18歳で処女膜を失い、今でも週一ぐらいで性交はしています。
流石にコンドームは全員が使用していて、生理前だけは生出しさせている子もいました。
女の先生によると、何処の学校でも18歳だと90%が性交体験があるそうで、ここも同じだそうです。
むしろ男子生徒の方が奥手で、18歳で多分50%ぐらいだそうです。
所で奈々ちゃんは勉強がかなりできて、国語と社会、英語はクラスでも5番以内に入っており、逃手は算数と理科だそうです。
でも中ほどの成績でした。
僕はセールスマンと言いましたが、理数科系で「精密機械の部品販売」を担当しています。
そこで彼女の家庭教師をすることにしました。
彼女は「早稲田大学文学部」志望で、理数科はあまり関係ないので多分大丈夫でしよう。
所で、携帯の出会い系サイトでの男性とのセックスは、お金を取る売春だと文句を言いました。
まぁ男と寝るのは興味があるのは仕方ありませんが、売春はタダだと軽く見られ、やり逃げされるからだそうです。
今後は辞めることを約束させて、性交がしたければ僕がお相手することにしました。
もちろん3万円は支払いました。
携帯電話の使用料だそうでした。
彼女のマンションは「下高井戸」で、駅そばにあり3LDKで父親との離婚の時の、慰謝料変わりだそうです。
41歳の母親は新宿のデパートで、婦人服売り場の課長さんで、週に5日は働いています。
彼女のマンションを訪ねて、お母さんと妹2名と会いました。
3LDKですから、4人とも個室があり、下の妹二人は同室でした。
奈々ちゃんは個室で、6畳間でベッドがあり、机とテレビとオーディオ製品がありました。
部屋に入りすぐにキスをして、アソコを触ろうとすると、突然母親が挨拶に来て、家庭教師として週一で3万円で引き受けました。
大学には絶対に入れると言いきりました。
僕も仕事の関係上、土曜日のお昼に訪ねることにしました。
母親の仕事は、日曜と月曜が休みなので、多少の大声で喚いても関係ないと思ったからです。
僕は行くとすぐに、フェラチオをさせて一度は口の中に射精をした後で1時間半の勉強を見て、その後はお風呂場に行きシャワーを浴びて、二人で全裸で戻り性交を始めます。
この間はお互いのマスターベーションを、見せながらしました。
奈々は手鏡で自分の膣やクリトリス、小陰唇、大陰唇などを知り、自分の効き指で膣口に触れたり、クリトリスの薄皮を剥いて、勃起させて擦らせます。
抵抗なくなると、膣の中に指を入れます。
最初は両膝を付いて姿勢で指でクリチャンを愛撫、人差指を濡れた膣に入れさせます。
興奮してくると欲しくなり、コンドームを彼女に口で、男性器に装着させます。
ペニスを乳房の間に入れて挟んだり、口で愛撫もさせます。
時々はトイレや洗面所などでも、互いに触り前から後ろから挿入します。
伸長位で彼女の両脚をしっかりと伸ばさせて、男性上位で挿入、ぺニスが大腿と膣で圧迫されて、僕はすぐにもイキそうだし、彼女もクリトリスが擦られてすぐに悲鳴を上げて、善がります。
「あ~ん、あ~ん、いいよ~~っ、イイっ、イイったらぁ~~イク。イクよ~~っ」と悩ましい声を上げてイキ出します。
潤んだ瞳は見開かれて、何も見ていません。
その身体は悦楽を迎えて、異様に甘く切なく喘ぎ、ブリッジするように背中から仰け反ります。
ヒクヒクと痙攣が始まると、こちらも我慢できずに薄いスキン越しに、思い切り恥骨をぐいぐいと押しつけてイクのでした。
この数日あとに母親とも交わりました。
まるで犬畜生みたいですが・・・・・・。

関連記事
検索フォーム
エロい話ランキング
スポンサードリンク
カテゴリ
タグ

フェラ 中出し 学園 初体験 同級生 口内射精 処女 オナニー レイプ 先輩 修学旅行 外出し 乱交 寝取られ 手コキ 後輩 顔射 少女 アナル 寝取り 人妻 援助交際 合コン 本番なし 覗き 病院 3P サークル 彼女 お姉さん 痴漢 学習塾 看護師 セフレ 家庭教師 先生 クンニ 浮気 部活 レズ 浣腸 温泉 露出 生徒 幼馴染み アナルセックス ナンパ  大学生 スカトロ 会社 盗撮 テレクラ 合宿 風呂 元彼 看護婦 ヒッチハイク トイレ 泥酔 妊娠 帰り道 元カノ  風俗 夢精 

QRコード
QR
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる